看護師の辞め時を考える

看護師の転職、働いてわかることもある!

辞めていった看護師たち
看護師のみなさん、看護師辞めたいなって思ったことないですか?
  ※サービス残業が多い
  ※毎日の業務が忙しすぎる
  ※派閥がある
  ※上司や同僚に無視をされる
  ※教育プログラムが整ってない
  ※給料に不満がある
日々このような悩みを抱えて働いている看護師さん、いますよね!
不安や悩みがどんどん大きくなり、ストレスで体調を崩してしまう。そういった看護師さんをよく耳にします。
我慢して、体壊して、頑張りすぎなのではないでしょうか?看護師は健康第一。自分に合った職場環境で心身共に健康に働きたいのもですね。
今ストレスがハンパない!もうどうにかしたい!という看護師さん、あなたに合う職場は他にあるはずです!
辞めるタイミングを逃せば、体を壊すかもしれない。今の状況と、これからのライフプランをよく考えて、自分はどういう職場で働きたいか考えるきっかけとなるよう、このサイトを作りました。
目標とするのは看護師辞めたいときのサイトさんです。
辛い仕事と戦っている看護師さん達のお力に少しでもなれれば!

産業保健さんの話題


40代女性、行政で保健師として10年以上経験され、産業保健を5年経験された看護師さんのお話です。
行政で保健師として10年以上経験し、保健指導などの保健師としての経験は十分ありました。自己都合で退職し、産業保健の分野で5年の経験を積みました。
夫と2人暮らしで子どもはなく、夫婦共稼ぎで仕事中心の生活を送っていました。

どうして退職したんですか?

国内メーカーのグループ企業の、産業保健分野で5年ほど働いていた時です。
年度ごとの契約社員で、5年目の契約の際に、会社から今後5年までの有期契約の期間を明言されました。長期の仕事を希望していた私とは雇用期間には合意できず、やむなく退職しました。

次の転職先はどうやって探しましたか?

自分で求人雑誌やインターネットで探して見つけました。なかなか条件に合うものがなく、多少妥協して決めました。

転職してどうなった?

職場の雰囲気や、実際に一緒に働くスタッフとの人間関係は、やはり仕事をしてみないとわからないなと思いました。
前職と同じ産業保健で職場の健康管理部門です。2社面接を受けました。比較して条件の良く、内定が一番早かった会社に決めました。
転職し、色々な職場があり、色々な人がいることがわかりました。
結果的には転職先のメーカーは短期間のうちに辞めることになりました。
上司は続けるよう励ましてくれ、できる配慮はいただき、有難い思いでしたが、どうしても日常的に一緒に仕事をする先輩の同僚が相性が合わず、上司の配慮があっても、精神的にも身体的にもつらかったので本格的に体調を崩す前に辞める決心をしました。
ある出来事が決断をするきっかけになり、その後は上司と話をし、先輩同僚とは顔を合わせることもなく辞めました。
今までは誰とでも程よいところで人間関係を保ち、穏やかな関係を築けていたのですが、今回のことで、そのことも揺らぎ、精神的にも経済的にも厳しい経験でした。
家族にも経済的と精神的な負担をかけてしまい、ごめんなさい、という気持ちでいっぱいでした。
授業料としては高くついた感がありますが、自分が焦って転職先を決めてしまったからだと思います。自業自得だったと思います。

転職したい看護師にアドバイス

転職は人生にかかわる大切なイベントなので、みなさん慎重に考え、対応しますが、事前の情報収集、自分のライフプラン、家族との調整、いろいろ検討すべきことが沢山あります。時間をかければよいというものでもなく、よいご縁があれば、短い期間でも納得できる転職は可能だと思います。
しかし、自分のキャリアプラン、ライフプランはじっくりと時間をかけて、方向性を明確にしたうえで、転職先を検討、整合性があるかはかるべきで、最終的には自分で決めることですが、家族のにも影響するので、退職、就職は自分の人生を吟味したうえで、よいご縁があるときに、タイミングを見極めるべきだと思います。私は自分で探して、妥協した結果、転職してもすぐ辞めることになりました。転職サイトなどで条件に合った職場を探してもらうのも良いと思います。自分で探しても見つからなかった条件にぴったりの職場が見つかるかもしれません。